レイクで初めてお金を借りるときの振込時間

消費者金融でお金を借りる場合には、審査にどれくらいの時間がかかるか、振込までのどれくらいの時間がかかるかというのを重要視することも少なくないでしょう。そうした時間はお金を借りるうえで重要な問題です。

レイクでは初めて借りる場合、即日支払いをしてくれます。ただ、何時まででもというわけではありません。レイクでお金を振り込んでもらう振込時間は平日の14時45分までです。土日や祝日の場合には、次の営業日に振込みがされます。

ただ、振込の依頼のほうは時間に制約はありません。曜日次第ですが、ほぼ24時間受け付けはしてくれます。そのため、翌日でよくてお金を借りたいというときには、夜申し込みをしてもらい、翌日を振込をしてもらうこともできます。

振込んでもらうためにはあらかじめ準備をしておかないといけないことがあります。それは本人名義の通帳です。家族の名義で振り込んでもらったり、友人の名義の通帳に振り込んでもらうことは当然できません。そのため、あらかじめ、レイクで金融機関を登録しておくことが必要不可欠です。こうした自分名義の通帳は会員ページやフリーダイヤルからできるので、積極的に活用しましょう。

振込時間を気にせずにレイクでお金を借りるには

レイクからお金を借りる方法は、振込だけではありません。全国にあるレイクのATMからお金を借りることができます。レイクのATMまで足を運ばないといけませんが、ATMを使うメリットがあります。それは夜であってもお金を借りることができるということです。

利用時間内であれば、会社帰りや遊び帰りに手持ちのお金が少なくなったというときに、ATMに立ち寄りお金を借りることができます。利用時間は平日と土曜日は7時30分から24時まで、日曜祭日の場合には7時30分から22時の間です。

また、日曜日などは銀行でお金をおろすと手数料がかかることも少なくありませんが、ATMの場合は手数料が無料です。そのため、元本と利息以外のお金はかからないので、安心してお金を借りることができます。

また、キャッシングをする際に一万円札を千円札に変えてもらえたりというこまやかなサービスににも対応しています。ATMの場所は全国にあります。レイクのサイトなど住所や駐車場の有無などを入力して、希望に適したATMを検索できます。そのため、普段の生活ではもちろん、旅行中に懐が寂しくなったというときにも全国に店舗があるため安心です。

レイクで銀行を活用しお金を返済するときの振込時間について

レイクでお金を返済するとき、いくつか方法が設けられています。これらの方法から自らの生活にあった方法を選択することができます。

銀行を活用した返済の場合は、銀行のキャッシュコーナーが開いている時間で返済できます。そのため、レイクの振込時間ではなく、銀行側のキャッシュコーナーの営業時間を確認しましょう。基本的にキャッシュコーナーの開いている時間に返済する場合の返済方法となります。こうした返済用の銀行口座はあらかじめ設定されており、レイクの会員サイトから確認することができます。

銀行口座を持っている場合にはインターネットバンキングに登録しているという方も少なくないのではないでしょうか。インターネットバンキングを使えば、深夜であってもパソコン等から振込むことで、振込時間を気にせずに、レイクに即座に返済として反映されます。

インターネットバンキングに対応している銀行口座は日本のすべての銀行口座とは行きません。レイク側ではWeb返済サービスと呼ばれていて、利用できる金融機関の一覧も指定されています。これらに該当する銀行口座を持っていて、インタネットバンキングに登録していない場合には登録しておくとスムーズに返済ができるでしょう。

レイクでATMを使い返済するときの振込時間について

レイクATMや提携ATMからも借りたお金を返済することができます。返済できるのはATMが開いている時間に限られます。レイクATMの場合は曜日にも左右されますが、7時30分から20時から24時の間です。コンビニなどの提携ATMであれば提携ATMが開いている時間なら深夜であっても振込時間に関係なく、返済することができます。

これらのATMで返済するときには手数料がかからないため、元本と利息以外のお金を支払う必要がなくなります。ただ、借りたお金が余裕ができたため、一括で返済したいと考えることもあるでしょう。そうしたときには、提携ATMからでは一括返済ができないため、レイクATMや銀行振込など他の方法を選択する必要があります。

これらの方法は店舗であれ、提携ATMであれ、実際にその場所に行き振込まなくてはいけません。そのため、一括返済は考えておらず、忙しくて店舗にもなかなかいけなかったり、支払日を忘れてしまうというときには、自動引き落としを活用するのも一つの方法です。

自動引き落としであれば定めた日付になれば自動的にお金が引き落とされます。そのため、返済時間を気にせずに返済ができます。